内職バイト節約生活

内職・バイトと節約生活SEOアクセスアップ>重要タグの使い方

検索エンジンに認められる見出しタグ、Hタグ、strongの使いかた〜内職〜

見出しタグの使い方

ここでは、見出しタグの使い方に役立つ見出しタグの使い方について詳しく紹介しています。見出しタグの使い方は知ってて損はないのでゆっくり見ていってください。

見出しタグの使い方情報!

見出しタグというのは、「TITLEタグ」や「H1〜6タグ」のような単語や文章を強調するときに使うタグです。最近はあまり検索順位に影響を与えないとか、やりすぎで順位を下げられたとかいう話を聞きます。

しかし、大きなサイトでほとんどの文字に見出しのHタグをつかっているサイトもあります。ちなみにこのサイトはTITLE以外は、サバーが勝手に入れてるのを除くとまったく入れていません。

それは、今はタグを入れてなくても検索順位がどんどん上がっていってるからです。上昇力がなくなってきたらHタグとか小手先の技術を使おうかと思っています。

Hタグを最も有効に使っているサイトはたぶん、リンク欄とページの内容の欄に分けて、そのなかで内容の欄だけ、ほぼすべてに段階的にHタグを使い、強調の集中度をあげて、要らない単語を切り捨てる方法をとっています。SEO対策ツールで簡単に調べられるのでチェックしてみるといいと思います。 H1タグは1ページに付き、1個だけにしたほうが無難なようです。情報が増え次第、更新して行きたいと思います。

見出しタグの使い方〜実用編〜

h1タグ、h2タグは1ページに1個づつ。h3たぐは、h2タグの内容の中で使い、h4タグはh3タグの内容の中で使う。

タグの大きさもh1タグから順に大きさを小さくしていくほうが良いと思います。h1は必ず、h2,3タグより見てわかるくらい大きくする。h3タグとh4タグくらいは同じも良いんじゃないかと思っていますができれば変えておきたいところです。

また、見だしタグという名前どうり見出しとして使うので、見出しが本文より大きさが小さいというのも問題がるので、文章よりは同じか大きくする。そのように決めていくと、h4を文章と同じ大きさにするとすると、自然とおある程度のおおきさは決まってくると思う。

SEOの中で見だしタグは、今ではそれほど大きな要素とはなっていませんがただしくhタグを使うことでサイトの見易さも増すし、何が重要なのか訪問者にも検索エンジンにもわかりやすいと思います。それこそが重要なタグといわれるゆえんだと思います。

内職・バイト・節約生活はリンクフリーです。また、掲載している情報を利用し、いかなる損害があっても一切責任を負いません。また、当サイトの内容の全部または一部を無断転機・複製することは一切禁止です。悪質な場合、厳しい対処を致します。

相互リンクは、内職関係、バイト関係、節約関係に限ってTOPの掲示板にて募集中。

Copyright(C) 内職・バイト・節約生活 All rights reserved

アクセス解析