内職バイト節約生活

内職・バイトと節約生活節約術・節約貯金方法>禁煙貯金

禁煙と貯金を両立する禁煙貯金という哲学〜節約貯金〜

禁煙貯金

禁煙貯金は、禁煙ができた日は、その日の分のタバコ代、1日1箱吸う人なら300円、2箱吸う人なら600円というように貯金していくというもので、禁煙したいという自分にとって感覚的にマイナスの欲求や必要性だけでなく、現実的、感覚的にプラスの貯金というものを組み合わせて禁煙を達成しようというものです。

禁煙の方法は簡単です。喫煙の欲求は脳が発しているので、脳がその欲求を出しずらくすれば良いです。方法は、自分が吸いたいと思っているのではなく、ニコチンによって衰退と思わされているという自覚です。

私が、ヘビースモーカーから1日で禁煙できた方法は、味です。タバコをまずいと感じることです。多くの喫煙者は、味や香りを無視して、ニコチンに喫煙させられています。多くの種類のタバコをすってみて、味や香りを比べてみると良いです。それほどすばらしいものではないはずです。味や香りを感じられるようになったら、それらを比べて、最も自分に合わないものを吸い続ければ良い。

タバコは、喫煙に対する欲求は作り出しますが、味や香りに対する欲求は作り出すことはなく、嗜好は一般的にある自分が作り出すもので、環境などによって与えられるものなので、それほど強い欲求にはならないと思います。

ぶつかり合う、ニコチンのつくる欲求とタバコの味や香りへの否定の間で少しだけ自分の感覚を信じることができれば禁煙は必然となるでしょう。

付け加えるなら、タバコに使う時間、時間のために使うタバコは敗北です。タバコを楽しめる人だけが喫煙すれば良い。

前【500円玉貯金】へ   次【小額小銭貯金】へ
TOP【禁煙貯金】へ↑
HOME【内職・バイト・節約生活】へ

Copyright(C) 内職・バイト・節約生活 All rights reserved

アクセス解析